忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ここ数日、iPhoneのカメラを頻繁に活用している。
    綺麗な紅葉は、ついついiPhoneのカメラアイコンに手を伸ばさせる。

    iPhoneのカメラ自体はレンズもセンサーも、
    日本の携帯電話と比べて一昔前のレベルだけれども、
    撮影した写真をサイズを変更せずに簡単にメールに添付できたり
    サードパーティーのアプリからFlickr等にアップロードしたりと、
    非常に融通の効くので、案外捨て難い。

    但し、iPhoneのカメラを本格的なスナップ写真に使うのは苦しいものがある。
    最近は色々なオプションやカメラ用Appが登場したが、
    ハードウェア的な限界は越えられない。
    気軽なスナップ写真を撮りたければ、
    国産のコンパクトデジタルカメラを持ち歩いた方が賢明だ。
    ただ、それでは、ウェブへのアップロード等の手軽さが得られない。


    私が提案したいのは、iPod Camera Connectorの活用だ。
    現在、iPod Camera Connectorが使えるのは、
    カラーディスプレイ化された第4世代iPod(iPod photoを含む)と
    第5世代iPodに限られるが、
    これがiPhoneやiPod touchに対応すれば面白いと思う。

    そうすれば、どんなカメラでも撮影した写真を、
    iPhoneでメールしたりアップロードしたりが簡単に出来る様になる。

    メモリーの価格が大幅に下がった昨今、
    iPod Camera Connectorのストレージ用としての使命は終わりつつある。
    一方、最近は無線LANや有線LANを搭載し、
    カメラから直接ウェブに写真をアップロードする概念を持たせた
    コンパクトデジタルカメラも徐々に登場している。
    Camera ConnectorをリファインさせてiPhoneに対応させるには、
    絶好の機会だと思う。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    今年1年ありがとうございました。 HOME iPhone 2.2 での Safari の地味な改善点
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics