忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



    KDDIの小野寺社長がiPhoneの売れ行きが
    芳しく無いと巷で言われていることについて
    『iPhoneの不振は想定内』などとコメントしたことが報じられています。

    誤解の無い様に前置きすると私はKDDIは嫌いではないのですが、
    それでも、今回のコメントは随分とお粗末だと感じてしまいました。

    というのもauは依然としてスマートフォンを発売できていません。
    ようやく来春に最初のスマートフォン『Touch Pro』をリリースする様ですが、
    個人向けにも販売されるのかなど、詳しいことはまだよく分かっていません。



    コメントの内容について考えてみました。
    他社が第三世代への移行で手を拱いていた2003年末に、
    auは下り2.4Mbpsを誇るCDMA 1X WINのサービスを開始させるなど、
    携帯電話のブロードバンド化に一番積極的に見えただけに、
    私としてはauがスマートフォンをなかなかリリースしないのは疑問でした。

    しかし今回のコメントを見るに、小野寺社長はiPhoneのみならず、
    現在のスマートフォン事情全体について批判的な様です。
    ちょっと引用してみます。

    「携帯電話をある程度使いこなしている人からすると、
     テンキ-入力が当たり前。
     また、携帯電話の日本語変換機能が非常に良くなっている。
     スマートフォンに比べて、圧倒的に扱いも日本語入力も楽だ」

    確かに既存の携帯電話がスマートフォンよりも使い易い面があるのは
    正論だと思います。
    iPhoneはテンキー入力できるし日本語変換も悪く無いという
    野暮な突っ込みは、ここではやめておきましょう。

    引っかかるのはこの後です。

    「BREWアプリのような法人向けソリューションが
     スマートフォン上で開発されたという話はあまり聞かない。
     既存の携帯電話を上回るだけの機能や使い勝手、
     付加価値を提供できなければ意味がない。
     だからこそ、現状の法人市場は単なる価格競争になってしまっている」

    (GoogleのAndroidについて)
    「オープン化ですべてがうまくいくのかといえばそうでもない。
     世の中の携帯電話すべてがAndroid搭載端末になるとは思っていないし、
     自社の標準になるとも考えていない」

    これは随分と前時代的な考え方の様に思えます。
    個々人の考え方なので間違っているとは言い切れませんが、
    その発想がauからのスマートフォンのリリースを遅らせているでは?



    来春発売予定のTouch ProのベースとなるのはETCのH30Tと呼ばれる機種。
    ターゲットを法人向けに絞り、

    "法人向けサービスやアプリケーションなど、
    ソリューションを含めて販売していく"

    そうですが、来春まで結構時間が空いてしまいます。
    そうこうしているうちにdocomoはBlackBerryを発売開始。
    iPhoneについても、SoftBankが法人向けのてこ入れを開始しました。

    97年に初代が登場し、実績を持つBlackBerry、
    iPhoneSDKという優れた開発環境を持つiPhone、
    悠長なことをしているとTouch Proの入り込む隙間が無くなるような気がします。

    まぁ要らぬお世話かも知れませんが・・・。



    追記:このエントリーをアップした後、
       docomoとSoftBankもH30Tベースのスマートフォンを発売するという
       ニュースを目にしました。
       auとしては本当にうかうかしていられない様に思うのですが。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    俗に言う「抵抗勢力」ってやつでしょうね。
    既得権益がある場合、かならずそれを死守したがるものです。

    情報の伝達スピードのネックが元で今の形になった携帯電話ですが、スピードのネックは徐々に解消されているし、情報を受けるデバイスの性能も格段にアップしています。
    というわけで、個人的には、10年もしたらすっかり今の携帯電話のようなものはなくなっていると思います。

    今は過渡期なんだろうと。
    ななしさん / 2008/09/19(Fri) /
    無題
    >>ななしさん
    コメントありがとうございます。
    今のauの場合、携帯電話で築いた既得権益を死守したいということなんでしょうね。

    ただ、スピードのネックを一番最初に解消したのはauだったので、
    スマートフォンで大きく出遅れたのは意外でした。

    それにしても、10年後の携帯電話は様変わりしているでしょうね。
    自宅にインターネットを引くのも時代遅れになりそうな気すらします。
    この過渡期にiPhoneがどれだけ存在感を発揮できるか、楽しみです。
    KTR@管理人さん / 2008/09/19(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    iPhone × 自転車の可能性 HOME さよなら Panther
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics