忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    不幸にも買ったばかりのiPhone 3Gのタッチスクリーンを
    落として破損してしまった方がいらっしゃる様ですが、
    その修理費がなんと65,250円という高額だったとのこと!!(参考URL)



    ワンセグが無い、お財布機能が無い、などなど、
    よく見かけるiPhone 3Gに関するネガティブキャンペーンの多くは
    iPhone 3Gの使用目的がはっきりしている多くの人にとっては
    取るに足らないものではあり、一笑に付す人も多いでしょう。
    しかし、落として破損、即65,250円は流石に看過できない部分があります。

    なんとかならないのでしょうか・・・。

    というわけで携帯電話関連の保険システムを調べてみました。が・・・。
    iPhone 3Gの破損に対して有効な保険はありません!

    いきなり結論で申し訳ありませんが、
    残念ながら、これが現状の様です。


    携帯電話は日々持ち歩くものであり、
    誤って落下させて破損という可能性も決して低くはありません。
    特にiPhone 3Gの場合、新スーパーボーナスのことを考えると
    簡単に他機種に買い替えることはできないので、
    何らかの保険をかけておきたいところなのですが、非常に残念です。


    SoftBankにはあんしん保証パックという月額475円の、
    全損時、水没時の保険サービスが存在しており、
    万一の場合も通常よりも安く新品への交換を可能としていますが、
    これは残念ながらiPhone 3Gには適応させることができません。

    もっとも、これはSoftBankに限った問題ではなく、
    米国のAT&TもiPhoneに対しては、
    自社の提供する保険プランを適用させない方針を取っています。

    iPhoneに対応する唯一の保険的な手段は
    Appleが提供するAppleCare Protection Plan for iPhoneのみです。
    但しこれは今回の様な自分のミスによる全損には対応してくれません。



    即ち、全損による交換となった場合は、
    ユーザーはかなりの痛手を被ることになります。


    (尚、SoftBankのあんしん保証パックは、
     水濡れに対する評定等が非常に厳しく、
     サービスのメインである無料修理が十分に機能していないと言われており、
     これはSoftBankの評価を下げる要因の1つとなっています。
     ただ、このあんしん保証パックは自社によるサービス故、
     業界3位のSoftBankは少々の故障は水に濡れたことにしてもらわないと
     首が回らなくなるのではないかと見る向きもある様です。

     一方docomoの提供するケータイ補償お届けサービス
     アメリカの携帯電話保険会社、アシュリオンにより提供されています。
     余り悪い評判は聞かないケータイ補償お届けサービスですが、
     アシュリオン自体は詐欺まがいだとアメリカで裁判沙汰になったりと、
     携帯電話への保険システムというのは何処も問題が多い様です。
     尚、この会社は前述のAT&Tの保険サービスも提供しています。
     従って仮にiPhone 3Gがdocomoから発売されていたとしても、
     ケータイ補償お届けサービスは使えなかった可能性が高いと思われます)



    昔からおかしいAppleの修理基準

    そもそも、iPhone以前からAppleの修理サービスは、
    不親切で不明瞭だという印象が付きまとってきました。

    今回のiPhoneのケースも、残念ながらその悪い点を踏襲している様で、
    相変わらず不可解な修理基準を提示しています。
    というのもリンク先の情報を見ると、
    ヒビが1本なら軽損扱いで半額で済む模様なのです。
    ヒビ2本以上だと無条件に全損となるとのこと。

    一体ヒビ1本とヒビ2本にどのような違いがあるのか。
    恐らくヒビ1本は尖ったもので表面を削ってしまったケース、
    2本以上の場合は衝撃による破損を想定しているのでしょうが、
    それにしても余りにも単純な判断基準ではないでしょうか。

    ともかくも不幸にもガラスにヒビが2本の基準を満たした時点で、
    全損、交換、65,250円となるのは確実な様です。


    尚、他にどんな全損扱いとなる基準があるのか、
    現時点ではわかりません。
    例えば裏のプラスチックカバーが割れてしまった場合、
    修理(or交換)にどれだけの額が請求されることになるのか、
    今のところ全く分かりません。



    現時点で最良の策は自衛策をとること

    落として壊してからではどうしようもありません。
    携帯電話を落とすリスクが増大するケースとして、
    以下の3つを想定してみました。

    ・操作時
    ・ポケットやバッグ等への出し入れ時
    ・ポケット等での収納中


    操作時や出し入れ時は注意すれば落下は防げますが、
    防ぎにくいのがポケット等での収納中に落とすケースであり、
    胸ポケットだと前屈みになったときに落ちる可能性がある他、
    ズボンのポケットでも階段等の段差で身体が大きく動いたとき、
    慣性を持った携帯電話がズボンの中から勢いよく飛び出すことがあります。


    (胸ポケットから滑り落ちて行く携帯電話の図)

    以上のことから、iPhone 3Gのケースに求められる要素は

    ・滑りにくいこと
    ・万一落ちても中身が壊れないくらい丈夫なこと
    ・スクリーンの保護機能がついていること


    の3点かと思われます。
    ただ、ケースというのは丈夫になれば丈夫になるほど、
    中身に関するアクセス性は悪くなってしまうので、
    iPhone 3Gの操作性との妥協点を見いだす必要が生じます。

    その点は各ユーザーの判断に基づくと思われますが・・・。



    勿論理想的なのは、Appleが理想的な保険プランを用意してくれることです。
    ただ、今までのAppleを省みるに、余り期待はできません。
    iPhoneは通信端末でありMacintoshやiPodとは性格の違うものであり、
    それくらいのことはしてくれても良いのではないかとも思うのですが・・・。

    そうなると次に期待したいのはSoftBankが、或いはどこかのサードパーティーが、
    iPhone 3G向けの保険プランを用意してくれることです。
    ただ、その為にはiPhone 3Gが順当にシェアを伸ばす必要がありますが、
    iPhone 3GがSoftBankにとってのイメージリーダーに成長すれば、
    SoftBankはAppleによる現状のiPhone 3Gの不親切な修理対応を
    見過ごすことはできなくなるかと思います。



    それまでユーザーの方が"全損"されないことをお祈り申し上げます。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    はじめまして
    いっそ家財保険等に入るのがベストかも。
    自分はカメラレンズ関係の保険目的で損害保険を探してましたが、
    年額1.5万円ぐらいで、家財の盗難、落下破損など補償が効きます。
    goldishさん / 2008/07/15(Tue) /
    無題
    >>goldishさん
    なるほど、家財保険という手段もありましたか。
    ただ調べてみたところ、携帯電話は入れ歯などと同様、
    破損の場合は適用NGとしているサービスが多く、
    iPhone破損に対応できそうな保険を見つけることができませんでした。
    需要はありそうなんですけどね・・・。
    KTR@管理人さん / 2008/07/15(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Safari ver.1以前での表示の乱れについて HOME iPhone 3Gをカーナビとして早くも活用する人が登場!?
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics