忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    iPhone 3Gの発表からもうすぐ4ヶ月。
    発表当初は発売当日の購入を目指していた私ですが、
    身内の携帯電話のキャリアがdocomoだったことを含む幾つかの問題により、
    iPhoneの購入を一旦見送り2台目としての購入を検討していました。

    しかし、今回家族ぐるみでSoftBankへMNPを行うことになり、
    私も2年ほど愛用したSO902iからiPhoneへ乗り換えることにしました。
    docomoとの付き合いはそれ以上なので、少々寂しいですが、
    これも時代の流れ、4,5年後には或いはdocomoに里帰りするかもしれません。

    ところで、iPhoneをメインユースの携帯電話として使うに当たり、
    多くの人が頭を悩ませている問題があります。



    メールアドレスです。

    色々な方がiPhoneのメールについて書かれてきましたが、
    このブログでもこれを機に、iPhoneでのメールについて考えてみました。
    SoftBank標準のEメール(i)

    SoftBankがiPhoneの料金プランと同時に発表したのがこのEメール(i)でした。

    専用のアドレス、○□×@i.softbank.jp は、
    当初MMSを実装したのか等、様々な噂を呼びましたが、
    実際に運用が開始されてみれば、
    パソコンのアドレスとほぼ同等のものでした。

    受信した場合はiPhoneのメールのアイコンが変化することで通知してくれます。


    GoogleのGmail

    iPhoneのメールは標準でGmailもサポートしています。
    現在Gmailのアドレスを持っていれば、そのまま使えるわけです。

    Gmailのアドバンデージは携帯電話の絵文字に対応していることです。
    仮に送信相手がこちらがiPhoneであることを配慮せず絵文字を多用しても、
    相手の真意を読み取ることができるので便利です。

    (仮に携帯電話のカタログにありがちな、
     単語をそのまま絵文字に置き換えた様なメールを送られた場合、
     意味を読み取ることが全く出来なくなってしまいます。
     これは問題です)

    尚、iPhoneのメールはYahoo!(米)やAOL、
    並びにMicrosoft Exchangeにも対応しています。
    ただ、"既に使っている"以外の理由で選択する意味は無さそうです。


    MobileMe

    MobileMeという選択肢もあります。

    Apple自体が提供する有償サービスですが、
    上記2つと異なり着信をプッシュ、即ち通知してくれます。
    つまり普通の携帯電話同様の使い方ができるわけですね。

    但し、年間9,800円という使用料をどうみるか、ですが・・・。






    この様に一長一短のメールサービス、どれを選択するか非常に悩みます。
    私は当初は i.softbank.jp を使用するつもりでした。
    理由は、「あいつiPhoneに変えたな」と分かるからという・・・(苦笑)
    (尤もこの様な付加価値もiPhoneの重要な要素だと思うのですが)

    しかし、徐々にGmailにしようかと考えを切り替えつつあります。
    理由は

    1.docomoとauによるi.softbank.jpの扱いの問題
    2.絵文字の問題
    3.iPhoneの意義


    の3つを考えたからです。

    1つ目については、一番大きな問題であり、
    docomoとauが依然としてi.softbank.jpを携帯電話のメールアドレスとして
    認めてくれていないということです。
    従って万一知り合いが携帯電話以外のメールアドレスを着信拒否していた場合、
    メールアドレスの通知を連絡できないということになりかねません。
    これは致命的です。
    GmailやMobileMeなら今の携帯電話で通達しておくことができます。

    2つ目については前述した内容と重なりますが、
    相手から絵文字を多用したメールを送られても、
    Gmailならば対応できるということです。
    尚、その気になればiPhoneからも絵文字を送るという
    強攻策もある様ですし・・・。

    そして3つ目について。
    私は近年、出先での利便性を考えて
    MacでのメインのアドレスをプロバイダーのものからGmailに変更しました。
    iPhoneの利点は、従来の携帯電話の域を出た柔軟さにあると思います。
    iPhoneのメールをGmailにすることで、
    従来携帯電話に届いていたメールをMacで確認したり、
    或いは従来Macでやり取りしていたメールをiPhoneで確認したり、
    そんなことができるようになります。



    さて、MNP手続きをとる前に知り合いにGmailのアドレスを送ったり、
    所属しているメーリングリストにGmailのアドレスを追加してもらわないと・・・。

    引退前のSO902iには最後の一仕事をしてもらうことになりそうです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    今さらながらの iPhone 購入レポート HOME iPhone × 自転車の可能性
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics