忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    iPhone 3GにはGPSが搭載されました。
    Google Mapsと連動するなど、
    iPod touchや初代iPhoneには無い魅力点となっています。


    日本の携帯電話はauの機種を筆頭にGPS対応が進んできましたが、
    スマートフォンにGPSが搭載される様になったのはごく最近のことです。

    しかし、他にもGPSを搭載したデバイスがありました。それがPNDです。



    PNDはどちらかというとPDAに近い仕様のものが多かったのですが、
    最近はフラッシュメモリの普及に伴い、
    SANYOのザウルスなどとの垣根が無くなって来ています。

    webCGのコーナー、カーナビの達人2008 SUMMERには、
    大容量HDDを搭載した高性能カーナビ等のレビュー記事の他に、
    上で述べたPNDとポーダブルナビの比較記事も掲載されました。

    これらのPNDやポーダブルナビは2〜4GB程度の内蔵メモリと、
    SDスロット等に差し込んだ外部メモリを組み合わせるという方法。
    中にはWindows mobileを搭載した機種も存在します。

    これらのPNDやポーダブルナビとiPhone 3Gを比べると、
    iPhone 3Gがこれらの機種に対して遜色が無い性能を持っているのが分かります。
    GPSを搭載したスマートフォンは他にも登場していますが、
    iPhoneの場合横向きにして全画面で使えるというのは、
    カーナビとして使用する上で大きな魅力となっています。

    今後iPhone 3GのGPS対応アプリケーションが充実した場合、
    iPhone 3GとPNDはライバル関係になるかもしれません。
    そして元々住む世界を異にしていたカーナビゲーションシステムと携帯電話が、
    1つのデバイスに納まるというのは革新的な出来事かも知れません。



    ※iPhoneのGPSに関する説明には、
     位置情報はApp Storeで入手できるアプリケーションでも利用可能
     との記述がありますが、
     一方でiPhoneSDKではGPSアプリの開発を禁じているということ。
     最終的にApp StoreでGPSアプリが登場するかは分かりませんが、
     優れたナビアプリが登場することに期待せずにはいられません。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    【保護フィルム】レイ・アウトの保護フィルム3種類【iPhone 3G】 HOME 【タッチペン】レイ・アウトのiPhone向けタッチペン【iPhone 3G】
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics