忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    iPhoneを購入して最初に行った大規模な作業は、
    連絡先の整理とメールアドレス変更の通知でした。

    メールアドレスの通知は従来、極めて厄介なものでしたが、
    Gmailで一括送信させることで、この厄介な操作を簡略化することにしました。



    Macには標準でアドレスブックと呼ばれる住所管理ソフトが付属しています。
    このソフトにiPhoneの連絡先もGmailの連絡先も全て同期させることにしました。
    何かあればアドレスブックの連絡先を操作することで対処、
    これはかなり便利なのではないかと思ったのです。

    が、幾つかの問題が噴出、私は結局この作戦を断念することにしました。
    多くの人は既にクリアした問題かもしれませんが、
    同期の方法や問題について、このエントリーが参考になれば幸いです。




    Gmailは連絡先読み込み用のファイル形式としてCSVをサポートしています。
    しかしアドレスブックはvCard形式での書き出ししかサポートしていません。
    問題、次から次へ



    まずは従来使っていた携帯電話からアドレスブックへの同期を行いました。
    携帯電話のアドレスデータをメモリーカードにvCard形式で書き出し、
    それをアドレスブックへ読み込ませます。



    しかしこの時点で最初の問題が発生。
    というのも、docomoの最近の携帯電話は名字と姓を分けていません。
    その上、vCardに書き出すと、フリガナの情報が消えてしまいました。
    というわけで結局延々とアドレスブックを編集するはめに・・・。




    次はアドレスブックのデータをGmailに同期させます。
    MacOS X 10.5.3 以降、iPhoneないしはiPod touchを持っている場合に限り、
    アドレスブックのデータは
    Gmailのコンタクトリストと同期できる様になったのです。



    Googleと同期する、にチェックを入れ、
    アカウント情報を入れOKを押せば、Googleの連絡先と同期・・・

    ・・・されません。

    本当はiPhoneを繋がなければ同期されなかった様ですが、
    焦った私は、手動で連絡先を読み込ませることに。
    これが厄介な結果を生むに至りました。




    Gmailの連絡先にインポートさせるのに指定されているファイル形式はCSVです。
    対してアドレスブックが書き出せるのはファイル形式はvCard。
    この垣根を越えなければなりません。

    まずはGmailにも紹介されていたA to Gというアプリケーションにトライ。
    A to GはワンクリックでアドレスブックからCSVを書き出してくれます。
    ダウンロード先はこちらから—。

    しかし、ここでまた問題発生。
    A to Gで書き出したCSVをインポートさせたところ、
    Google上で日本語は全て文字化けを起こしてしまいました。
    というわけで一旦連絡先を全消去。他の方法を考えます。




    次に試したのはvCardのCSV化。
    最初にオンラインのサービス、vCard to LDIF/CSV Converterにトライ。
    これでめでたくvCardがCSV化された・・・かと思いきや、
    読み込ませたところ姓名が全て逆に表示される様になってしまいました。

    欧米仕様と言われれば仕方ないけれども、これは流石に不便。

    というわけで同様の機能を持つソフトウェアを探したところ、
    Address Book to CSV Exporterというものを発見。
    これでvCardをCSVに書き出したところ、
    見事にアドレスブックの内容をGmailに読み込ませることに成功しました。




    これで一件落着かと思われたのですが、この後iPhoneを接続、
    同期の際にGoogleとの同期にチェックを入れていたため、
    悲惨な事態が起こります。

    それは、折角打ち込んだフリガナ情報の消滅、並びに姓名の反転。
    iPhoneの連絡先に姓名が逆になった連絡先が
    数100件が陳列しているのを見たショックはかなりのもので、
    正直、一瞬ながらiPhoneに変えたことを後悔しました。




    仕様を理解して自分に合った使い方を


    上にも書きましたが、根本的な原因はGoogleへの手動読み込みと
    Googleとの同期設定がバッティングした為かと思われます。

    但し、その根底にはGmailの連絡先とiPhoneやアドレスブックの連絡先の
    『仕様の差』という問題がそびえ立っています。
    実際、手動での読み込みを行わせない場合、
    Gmailにて連絡先リストの姓名が反転する現象が起こりました。
    あまり気分のよいものではありませんが、なんとか実用に足ります。



    Gmailの場合、姓名の区別が無く、また、フリガナの概念もありません。
    対するアドレスブックは姓名の区別があり、フリガナもつけることができます。

    姓名の区別を分けるか分けないかは難しい問題です。
    個人的には分けた方が好きですが、
    そもそも姓名の分かれないもの(会社・店)等もあり、何とも言えません。

    一方、フリガナについてはiPhoneでの使用を考えると、必須となります。
    そのため、Gmail→iPhone/アドレスブックへの同期は歓迎できません。

    私なりの工夫としては、

    ・Gmailにある既存の連絡先を編集するのは厳禁
    ・Gmailで連絡先を追加した場合は姓名を逆にし、
     同期されたiPhoneかアドレスブック上でフリガナ情報を付加


    の2点を心がけて行く予定です。
    ただ、いっそ全て平仮名やローマ字にしてしまうという方法も
    無きにしもあらず、かもしれません。




    最初に大きなハードルがありましたが、
    とはいえやはりPCと携帯電話のメールアドレスを統一できるのは非常に便利。
    家にいる際はiPhoneのメール画面を操作する必要がありません。
    勿論iPhoneのメール作成操作自体も、想像以上によくできていて、
    慣れれば携帯電話の10キーとほぼ同じスピードが出せそうです。

    これでメール送受信の能率を上げることができそうです。
    ビバ、iPhone !!
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おすすめソフト
    とっても苦労されたみたいですね。もう今は解決済みだと思いますが、おすすめソフトを書いておきますね。
    http://www.egg-on-egg.com/index_jp.html
    Gmailアドレス帳の編集/バックアップ/復旧など、結構万能のそふとです。
    きなこさん / 2011/01/26(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    お詫び HOME 今さらながらの iPhone 購入レポート
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics