忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    iPhone/iPod touch 用のAppは、日々増え続けている。
    App StoreはAppleによる承認という関所があるものの、
    そこを越えれば完全な自由市場なので、
    同ジャンルで競合するAppが複数登場するのも珍しく無い。



    個人的に注目しているのは、辞書アプリである。
    先週金曜日はジーニアス英和・和英辞典のiPhone版が登場した。
    このジャンルではウィズダム英和辞典が真っ先に登場し注目を受けていたが、
    先週火曜日に登場したロングマン英和辞典と共に、
    ジーニアスの登場はユーザーに選択肢を増やしたことになる。

    辞書はiPhoneのアプリの中で最もアツいジャンルかもしれない。
    また辞書アプリリリースの裏ではiPhoneの電子辞書としてのポテンシャルが顔を覗かせている。
    iPhoneに関する辞書アプリの現状を再確認してみよう。

    辞書アプリはApp Storeで『レファレンス』に分類される。

    レファレンスのカテゴリーに分類されるアプリは11月14日現在、300以上。
    無論レファレンス(=書籍)が示す様に、
    その中には聖書やセスナ機の操縦説明書(!)も含まれているものの、
    多くは辞書アプリが占めている。

    現状では英語アプリが多いが、日本語アプリも徐々に増えつつある。
    一通りのジャンルの辞書アプリを揃えれば、
    手元のiPhoneやiPod touchが容易に電子辞書に早変わりする。



    紙媒体が当たり前だった辞書は、
    パソコンの普及とともにCD-ROMという形で電子媒体化されてきた。
    日本では90年代終わりから電子辞書というハードウェアも販売され、
    当初は地味な存在だったものの近年は存在感を発揮している。

    パソコンにソフトウェアとして辞書を入れる場合は、
    ユーザーは好きな辞書を好きなだけパソコンに入れられる。
    だが、最低でもOSを起動しなければならず、
    紙の辞書として気軽に使うにはちょっと苦しい。

    一方でハードウェアの電子辞書は持ち運びは便利だが、
    中身の入れ替えができない。
    それに辞書の選択肢も限られており、
    小型の電子辞書を選んだら英和辞典が貧弱だった・・・というケースも。


    その点、iPhone用の辞書アプリは、上記2点の問題点を解消している。
    即ちユーザーは好きな辞書をApp Storeから選択し、
    そして、好きなところに持ち出して好きな様に使える。
    そんな『電子辞書』は、意外にも今まで存在しなかった様に思われる。
    他のスマートフォンでも同様のことが可能だが、
    iPhone SDKとApp Storeの存在で辞書の開発・販売が容易なことは、
    出版社にとっては好都合だ。

    もしかすると、iPhoneは電子辞書の究極の形かもしれない。
    但し、中高生がiPhoneを授業中に取り出して英単語を調べていては問題だろうけれど。

    それからもう1つ、iPhoneにはSafari×Googleという内なるライバルが存在する。
    「ネットで調べれば事足りるかな」と考え、辞書アプリ購入を思い留まるのは、
    私だけではない筈だ。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Appleは過去には拘らない! HOME iPhone、Razrを抜く
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics