忍者ブログ
いよいよ発売されたiPhoneの備忘録です。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新コメント
    [01/26 きなこ]
    [11/30 奥本克幸]
    [10/27 出会い]
    [09/28 美熟女]
    [11/30 わ]
    Apple-Style Plus
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    なみよし くわかず (KTR)
    性別:
    男性
    職業:
    フリーライター志望
    自己紹介:
    Panther以来のMacユーザーです。
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ・・・といっても、既に休載状態ですが。

    理由はブログ更新に十分に時間がとれないことに加え、
    メインマシンのMacBookの調子が優れないことがあります。

    新年度までには落ち着くと思われます。
    どうぞよろしくお願いします。
    PR
    1月中も何かと立て込んでいてブログの更新ができず。
    いけませんね・・・。

    新年度までには色々と片付くと良いのですが。


    更新しない間に起こった出来事を以下にまとめておきます。
    まずはiPhone関連から。

    ・ワンセグチューナー発売

    ソフトバンクが昨年「年内に発売する」としておきつつも
    年末まで音沙汰なかったワンセグチューナーが12月31日にようやく発売。
    一応公約は守られたことになりますが・・・。

    そもそもiPhoneは"スマートフォン"。
    何でも1つにまとまっていることに意義があるにも関わらず、
    別個にチューナーを持ち歩くというのはやや本末転倒な面もありますが、
    外部バッテリーとしても機能するというところで、
    上手いところを突いて来たかなという印象も受けます。
    例えば長時間バスで移動する様な際は重宝するのではないでしょうか。

    但し、肝心のアプリケーションの方はやや発展途上の様。
    i.softbank.jpドメインのメール着信通知で視聴が途切れてしまったりと
    さらなる発展と改善に期待が寄せられています。

    ・iPhone、3G回線で音楽購入が可能に
    従来Wi-Fiが必須だった音楽購入が3G回線で可能となりました。
    また、iTunesのDRM撤廃も決定しました。


    ・スティーブ・ジョブズCEO、病気療養で休職へ

    この様なバッドニュースもありました。
    非常に気がかりなところです。


    以上、iPhoneに関連した1月の出来事を足早にまとめました。
    iPhone 3Gが日本に導入された2008年もあと僅か。
    勇み足気味に始めたこのブログも、
    後半はなかなか更新が滞ってしまいました。
    申し訳ございません。

    来年は精力的に更新する時間を見つけられればと思っております。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    それでは良いお年を。
    ここ数日、iPhoneのカメラを頻繁に活用している。
    綺麗な紅葉は、ついついiPhoneのカメラアイコンに手を伸ばさせる。

    iPhoneのカメラ自体はレンズもセンサーも、
    日本の携帯電話と比べて一昔前のレベルだけれども、
    撮影した写真をサイズを変更せずに簡単にメールに添付できたり
    サードパーティーのアプリからFlickr等にアップロードしたりと、
    非常に融通の効くので、案外捨て難い。

    但し、iPhoneのカメラを本格的なスナップ写真に使うのは苦しいものがある。
    最近は色々なオプションやカメラ用Appが登場したが、
    ハードウェア的な限界は越えられない。
    気軽なスナップ写真を撮りたければ、
    国産のコンパクトデジタルカメラを持ち歩いた方が賢明だ。
    ただ、それでは、ウェブへのアップロード等の手軽さが得られない。


    私が提案したいのは、iPod Camera Connectorの活用だ。
    現在、iPod Camera Connectorが使えるのは、
    カラーディスプレイ化された第4世代iPod(iPod photoを含む)と
    第5世代iPodに限られるが、
    これがiPhoneやiPod touchに対応すれば面白いと思う。

    そうすれば、どんなカメラでも撮影した写真を、
    iPhoneでメールしたりアップロードしたりが簡単に出来る様になる。

    メモリーの価格が大幅に下がった昨今、
    iPod Camera Connectorのストレージ用としての使命は終わりつつある。
    一方、最近は無線LANや有線LANを搭載し、
    カメラから直接ウェブに写真をアップロードする概念を持たせた
    コンパクトデジタルカメラも徐々に登場している。
    Camera ConnectorをリファインさせてiPhoneに対応させるには、
    絶好の機会だと思う。
    先日アップデートされたiPhoneだが、
    Safariに関するアップデートの内容は主に安定化とアナウンスされている。

    実際にどのくらい安定化したか、
    CG投稿SNSの"pixiv"や、
    乗り換え案内サイトの"ジョルダン"を試してみた。

    pixivは画像が大量に表示されるが、
    サムネイルも、大きな画像を開いても、問題なく表示され、
    動作の重さを感じることは無かった。

    一方のジョルダンは、かつてiPhone自体を再起動に追い込んだ曲者だが、
    特に重かった経路検索の結果表示中は多少は動作がもたついたものの、
    Safariが落ちてしまうことは無かった。

    だが、今回アナウンスされていない点も、Safariは多くが改善されている。
    個人的に特に歓迎したいのは、外部アプリ等からSafariを開いた時の挙動である。

    iPhoneソフトェア2.2がリリースされた。



    めぼしい機能は絵文字対応とストリートビュー対応だ。

    ストリートビューは、既存のGoogle Mapと連動して動作する。
    既に他のハードウェアでは実現していたストリートビューだが、
    iPhoneの場合は指でなぞって画面上を"移動"できる。
    非常に直感的で、分かり易い。

    一方の絵文字対応は、Softbank固有の絵文字を実装している。
    残念なのは絵文字の送信はEメール(i)のアカウント、
    或いはSMSでしか使用できないということだ。
    従ってメインアカウントにMobileMeやGmailを使っている人には
    余り恩恵が受けられないのが残念だ。

    また受信機能に関しても問題が残っている。
    今回のアップデートの影響か、
    例えばGmailでSoftbankの絵文字入りメールを受信した場合、
    今までと異なり文字化けせずに受信することが可能になったが、
    この場合、絵文字は正しく表示されない。
    Gmailを使用していた場合に最も受信時に相性が良いのは
    奇しくもdocomoからのメールだったが、
    そのdocomoからのメールもEメール(i)で絵文字が表示されないのでややこしい。

    尚、今回のアップデートでもコピー&ペースト機能は実装されていない。
    そんなこんなで個人的にはちょっと肩すかしを食らった感があるアップデートだが、
    従来の問題を多少なり解決したことも間違いない。

    iPhone 2.3に期待を繋ぎたいと思っている。
    iPhoneに関するブログを書いていると、
    『iPhone』という単語をタイピングする機会が非常に多い。
    幸いにもMacOS X 10.5は『あいふぉん』を『iPhone』と変換してくれる。




    OS Xの単語変換プログラムのことえりはApple製品の変換性能が良い。
    『iPhoto』『iTunes』『iMovie』等、
    ソフトウェア名でも変換してくれるものがあるのは有り難い。
    但しSafariを変換してくれないのは気になるところだ。
    頭に"i"がつかないので、打ち間違いの心配が無いと判断しているのかもしれない。

    iPodシリーズについては『iPod』を始め、
    『iPod classic』『iPod touch』『iPod nano』『iPod shuffle』等、
    長い名前のiPodも全て変換してくれる。
    但し『iPod mini』は変換してくれない。
    廃盤になってかなりが経つiPod miniは
    Appleにとっては敢えてことえりに入れるほどのものでもないのかもしれない。




    尚、ことえりはOSのアップデート毎にアップデートされている。
    私が気になるのは、iPhoneの行方だ。
    というのも、日本でのiPhoneの読み方は『あいふぉーん』となったからだ。

    次期OSでiPhoneの読みとして『あいふぉーん』がサポートされるのか、
    また現在の『あいふぉん』が残るのかどうか、
    OSの新機能等と一緒に、少し気になるところである。
    次のページ
    Copyright © iPhone 備忘録 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]
    Clicky Web Analytics